2013年12月01日

正社員と請負契約とでは、どっちのほうがいいの?

皆さんこんにちは。
私は商業アニメーション技術者協会の切込隊長こと、Gです。

ついついHOTになってしまいがちな、アニメーターの収入のこと。
ちょっとCOOLに考えてみませんか。

ときどき、自分に関係する事柄だということもあって、あたり前の考え方が出来なくなってしまっている方を見かけることがあります。
ちょっと、他人事として捉え直してみれば、おかしいことに気がつくかもしれません。

ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o
 [テーマ]正社員と請負契約とでは、どっちのほうがいいの?
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

さっちゃんのじいじに「このテーマでよろしく。じゃ!」と注文されましたのでお話したいと思います。

アニメ業界で既にお仕事をされている方は、このような質問をしないでしょうから、質問者さんはまだ社会で働いたことがない方でしょう。
となると、質問者さんは「正社員のほうがいい」と考えてるのではないでしょうか。
正社員のほうがいいという理由は「親が正社員のほうがいいと言っていたから」とか「テレビで、正社員じゃないと生活が不安定になるって言ってたから」といったところでしょう。
HOTに考えればそれが普通の答えです。

でも、ちょっと待って。
もう少しCOOLに考えてみましょう。

早速結論から言います。
「仕事をする状況によって、請負契約のほうが良い場合と正社員のほうが良い場合がある」

答えになっていないでしょ……と感じた人も多いでしょう。
それもそのはず、以前にもお話したことがありますが、なにごとも取り巻く状況を考慮しないと良し悪しは判断できないのです。

アニメ業界で既にお仕事をされている方は、このテーマには興味がないでしょうから、これからアニメ業界を目指す人を想定してお話ししましょう。

学生の方々が就職活動をするとき、真っ先に考えるのは「どうすれば、得するかな」ということでしょう。
それは「就きたい職業に就けるかどうか」「待遇が良いかどうか」「将来的に展望があるかどうか」「仕事が楽か辛いか」などなどです。
よくよく考えると、かなり器の小さな悩みですが、隠さざる本音としては良く分かります。

さて、今回のテーマはこの中の「待遇が良いかどうか」ということになります。
正社員の方が待遇がよく、非正社員は待遇が悪い。
これは一般的な労働が時給換算できる仕事ではほとんどのケースでそういえるでしょう。

まわりくどい書き方をしなくてはいけない理由は、アニメ業界の仕事の中にはそういった労働を時給換算しにくい職種があるからなのです。
そのため、労働を時給換算しにくい職種の場合は、一般的な「正社員のほうが待遇がいい」という常識が当てはまりません。

では、どのような職種が一般的な常識に当てはまらないのでしょうか。
それは、個人の能力に著しく依存している職種です。
組織や機材の重要性が低く、個人の能力次第で成果に大きな差が出る仕事。
その際たる職種がアニメーターや演出家、声優です。

もちろん「そのほかの職種では個人の能力に依存せずに成果を出している」と言っている訳ではありません。
また、声優に関しては仕事の受注システムの都合上、多くの場合、ランクによってギャラが固定されていますので、時給換算の仕事といってもそれほど大きく間違ってはいません。

さて、個人の技量によって大きく成果が異なるアニメーターの場合、時給の正社員がいいか、歩合の請負契約がいいかということですが、結論から言うと「歩合のほうがアニメーターの業務には適している」と言えます。

なぜか。
それは時給の場合、ある一定の売り上げを上げないと解雇されるからです。
たとえば時給1000円の人がいるとします。
その場合、売り上げは1時間あたり10000円ほど稼がないと解雇されます。
もちろんケースによってはそれでも解雇されないことはありますが、程度の差であって、貰っている時給よりも遥かに多額の売り上げを上げなくてはならないことには違いはありません。

たとえばスーパー勤務の正社員の場合。
スーパーの設備代、仕入れ代、人件費、社会保険、福利厚生、フランチャイズ契約料などたくさんの経費がかかっており、その上でオーナーの利益を確保しなくてはいけません。
「時給が1000円なんだから、1000円の売り上げを上げればいい」ということにはならないのです。

さて、制作会社に雇用されているアニメーターの正社員の場合はどうかというと、時給1000円のアニメーターの場合も同様で、1時間あたり10000円の売り上げがないと雇用主に利益はありません。
よって時給1000円のアニメーターには時給が貰える代わりに、最低限の売り上げノルマが課せられるわけです。
その売り上げノルマをこなせる場合は時給は安定してもらえるし、福利厚生はあるし、社会保険も会社が半額を負担してくれます。
しかし、ノルマをこなせない者は解雇されます。

アニメのギャラが安いことは皆さんご存知だと思います。
この安いギャラで1時間あたり10000円の売り上げを上げることが、どれほど難しいことかは理解に難くないでしょう。
「10000円は言い過ぎだ」という声が聞こえてきそうです。
なるほど、では東京都の最低時給の869円(2013年11月現在)ではどうでしょうか。
1時間あたり8690円のノルマです。
もちろん、経営者によっては5000円の売り上げがあれば解雇しないという方もいるでしょう。
しかし許容できる売り上げ金額にも限界があります。
極端に売り上げが低くても大丈夫だということはありません。
アニメ業界人であればほとんどの人が理解できると思いますが、この金額を1時間で稼ぐことはほぼ不可能です。
ごく一握りの、圧倒的に売り上げを上げることのできる技量を持つ者だけが可能です。

では、時給ではなく請負契約の場合はどうでしょうか。
たとえば1時間あたりの収入が1000円の人で個人事業主として請負っている場合。
作業スペースの賃料、電気代、通信費、消耗品代などの経費がかかっており、利益に対して個人事業主としての所得税がかかります。
社会保険や福利厚生などは、所得税が差し引かれた後の所得から支払います。
さて、1時間あたりの収入が1000円の人はいくら稼げば良いでしょうか。
1時間あたり2000円も稼げば十分です。
「1時間で2000円も稼げないよ」という声が聞こえてきそうです。
そのとおり。
そこそこ腕の立つアニメーターでも1時間あたり2000円稼げる人は少ないです。
ところが、個人事業主には東京都が定める最低時給の適用がされません。
1時間あたりの売り上げが500円でもいいのです。
それならば、1時間あたり1000円稼げばいいのですから、不可能ではありません。

そろそろ、話が見えてきたでしょうか。
ベテランアニメーターでも1時間あたり1000円を稼ぐのがやっとという状態です。
新人アニメーターは1時間あたり1000円稼ぐことも出来ません。
正社員雇用されたとしても売り上げノルマを達成することがまったく出来ないということです。
となれば、ノルマをクリアできない新人アニメーターは全員解雇されます。
だから自己責任において、東京都の最低時給よりも安い金額しか稼ぐことが出来なくても解雇されない個人事業主として、請負契約でアニメの仕事を続けたほうが良いということになるのです。
もちろん、そんな収入では納得がいかないという人は、抜群の技量で稼げば良いと思います。
そんな収入では納得もできないし、そんな技量もないという人はアニメーターをあきらめるしかありません。

まとめます。
能力が高ければ正社員として雇用してもらえますが、個人事業主として請負契約にしたほうが儲かります。
能力が低ければ正社員として雇用されても解雇されます。
まず、それ以前に正社員として雇用してもらえません。

働き方を選ぶとき「待遇が良いかどうか」ということを最優先事項にしている時点で、アニメーターという仕事は向いていないのかもしれません。

「正社員になる」ということは、その会社やチームの責任ある一員として、会社やチームに貢献する強い意思を持っているという証です。
請負業務は所詮、その時々にお互いを利用しあう形です。
仕事の最優先事項はお金を稼ぐことですから、お互いの力を利用しあうことはごく自然なことです。

ちなみに、株式会社を設立するには25万円ほどあれば可能です。
自分が社長になって自分を正社員雇用することも可能です。
正社員になりたいのであれば、簡単に出来るので是非試してみてください。

今回はさっちゃんのじいじからお題を振られたので、ちょっと情報紹介という要素が強かったかもしれないですね。
しかし、ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。
答えは簡単です。
posted by 商アニの切込隊長 at 20:44| 日記

2013年10月03日

アニメーターって生活できないの?

皆さんこんにちは。
私は商業アニメーション技術者協会の切込隊長こと、Gです。

ついついHOTになってしまいがちな、アニメーターの収入のこと。
ちょっとCOOLに考えてみませんか。

ときどき、自分に関係する事柄だということもあって、当たり前の考え方が出来なくなってしまっている方を見かけることがあります。
ちょっと、他人事として捉え直してみれば、おかしいことに気がつくかもしれません。

ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o
  [テーマ]アニメーターって生活できないの?
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

今回はちょっと難しいテーマです。

しかし結論は一言。
生活できる人もいるし、できない人もいます。

なんだ、そんな答えか……と感じた人も多いでしょう。
それもそのはず、これが”当たり前の答え”だからです。

以前”ビジネスの視点から当たり前に考えてみる”
http://shoani-okane.sblo.jp/article/74531796.html
で説明しましたが、まず、全てのアニメーターが貧乏ということはありません。

多くの人が知りたいことは”新人アニメーターが貧乏で生活できないのかどうか”ということでしょう。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)の2008年10月から2009年2月まで行った調査では、アニメーターの平均年収は20代が110万4000円、30代が213万9000円となっています。
また、この調査は経験1年以上のアニメーターを対象に、2千部を超える調査用紙を配布し、内回答した728人のデータです。
つまり「アンケートに返答したアニメーター」のデータであり「あまりにも収入が少ないので恥ずかしくて返答することが出来ないアニメーター」は含まれていません。
実際の現場感覚、過去の経験などを参考に言うならば、20代、特にキャリア1年目の新人アニメーター(動画)は年収50万円くらいの人は大勢います。
1年未満で多くの新人アニメーターが離職します。
こういったアニメーターを指して「アニメーターは生活できない」というならば、そのとおりですね。

さて、2年、3年とキャリアを積むと年収100万円くらいにはなります。
ちなみに一般的な職業での平均は20代前半で年収251万円です。

”そんなに年収に差があるんじゃ、生活できないな”と感じるようではHOT過ぎるかもしれません。

ここはCOOLに、まず”生活ができない”とはどういうことなのか考えてみましょう。

仮に年収1000万円の人がいたとします。
でも、浪費家で1年に1500万円の支出があった場合、赤字になり生活できなくなります。

逆に、年収200万円でも支出が150万円ならば黒字になり、生活ができます。

要は収入と支出のバランスが黒字であれば生活はできるということです。

なんだ、そんな答えか……と感じた人も多いでしょう。
それもそのはず、これが”当たり前の答え”だからです。

「でも、さすがに年収100万円じゃあ、生活できないよ」と仰る方がいるでしょう。
とってもHOTな反応です。

東京で、年収100万円で生活するのはHOTに考えれば不可能です。
たとえば、家賃に8万円、電気・ガス・水道に1万5千円、食費に3万円、年金・保険に2万円、通信費に1万円、固定費に(テレビ・インターネットなど)1万円、被服費・遊興費に3万円。
最低でも19万5千円かかります。

年間の支出は234万円。
一般的な職業での20代前半の年収とぴったり符合します。

しかし「やっぱり年収100万円じゃあ、生活できないね」と結論付けるのはまだ早いです。

例に挙げた東京での生活費にはある問題があります。
それは「生活するにはこれくらいはかかって当然」という固定概念です。

多くの人は親元で育ち、ある程度贅沢な環境で育ちます。
「私は裕福ではない」と仰る方も多いと思いますが、そこがすでにHOTな勘違いです。

”屋根のない家に住んでいた”とか”いつも食べるものや着るものががなくて自分で調達していた”という環境こそが厳しい環境です。
仮に、自分の部屋が用意されているような環境であるなら、それは十分に贅沢です。

例に挙げた生活水準は”親の経済力での基準”なのであって”アニメーターとして下積みから始める人”の生活水準ではないのです。
COOLに考えれば当たり前です。
親は30年も40年もキャリアを積んだから現在の収入があるわけで、親も20代前半で今のような生活水準で生活していたわけではありません。

まず、考えなくてはいけないことは”身の丈に合った生活水準の見直し”です。

さて、東京で新人アニメーターが生活する場合のスタンダードを紹介します。

たとえば、家賃に3万5千円、電気・水道(ガスは契約しない・クーラーは使わない)に5千円、食費に1万5千円、年金は免除あるいは納付猶予で0円、保険は減免あるいは免除でほぼ0円、通信費に1千5百円、固定費はなしで0円、被服費・遊興費に1万円。
これで6万6千500円です。

年収100万円の場合は月収8万3千333円ですから十分に生活ができます。
余剰分は貯金をするか、年金・保険の減免あるいは免除をやめて、支払いにまわします。
特に年金は支払った金額によって老後受け取ることのできる年金受給額が変わるので、できるだけ支払います。

”そんな、爪に火を灯すような、質素な生活はできない”という方は、単純な話ですが”やる気がない”ということですから、はじめからアニメ業界を目指すべきではないかもしれないですね。

今は、スマートフォンなどとても便利なツールがあります。
しかし、通信費に毎月1万円もかけるのはあまりにもバランスを欠いています。
親の庇護のもと、扶養家族(子供)として恩恵を受けていた生活レベルを、落としたくない気持ちは分かります。

要は”優先順位の自己決定”なのです。
スマートフォンはあると便利ですが、それよりも大事なことがあるのなら、スマートフォンを捨てて、安い携帯電話に切り替えてみましょう。
携帯電話では出来るだけ通話をせず、無料通話の出来る家族とだけ通話をしたり、メールで用をすませたり。
そうやって、支出を身の丈に合わせれば年収100万円でも生活ができます。

”アニメーターって生活できないの”という質問の答えはひとつ。

それは”あなた次第”です。

当たり前過ぎてガッカリしましたか。
しかし、ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。
答えは簡単です。
posted by 商アニの切込隊長 at 02:31| 日記

2013年09月20日

アニメーターの単価のこと

皆さんこんにちは。
私は商業アニメーション技術者協会の切込隊長こと、Gです。

ついついHOTになってしまいがちな、アニメーターの収入のこと。
ちょっとCOOLに考えてみませんか。

ときどき、自分に関係する事柄だということもあって、当たり前の考え方が出来なくなってしまっている方を見かけることがあります。
ちょっと、他人事として捉え直してみれば、おかしいことに気がつくかもしれません。

ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o
  [テーマ]アニメーターの作業単価って安いの?
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

巷で話題になるテーマで一番多いのはこれではないでしょうか。

動画の単価、原画の単価、作画監督の単価などなど…
単価にまつわる質問や、不満はいたる所で目にします。

さて、まずは「単価とは何か」についてCOOLに分析してみましょう。

そんなことは分かっているからもっと核心を突いたことを話してくれって?
あせっちゃだめです。
簡単なことからちゃんとCOOLに考えないといけません。

単価とは皆さんご存知のとおり、作業(商品)一単位に対する価格のことです。
アンパンを10個、1000円で買ったら、1個あたり100円です。
つまり、これを単価といいます。

動画であれば1枚いくら。
原画なら1カットいくら。
作画監督なら1話数の作画監督料がいくら。
ということですね。

ひとつの仕事(商品制作)を完了するといくら対価がもらえるかということです。

さて、原画のお話で、1カットの単価が4000円で高いだの安いだのというHOTな話を良く耳にします。

「1カットの単価が2500円なんて安すぎる。最低でも4000円はないと受注する意味がない」という話を聞いたりもします。
「1カットの単価が4000円なんて安すぎる」「1カットの単価が4000円なんてすごく高いね」なんて話も耳にします。

一体どうしてこんな会話になるのでしょうか。

例え話をしましょう。

あるパン屋さんでアンパンが1個、100円で売っています。
隣のパン屋さんではアンパンが1個、50円で売っています。

どちらのアンパンがお買い得な安いパンでしょうか。

すぐに答えが出るようではHOTすぎるかもしれません。

COOLな応えは「わからない」です。

なぜかというと、100円の方は直径15センチのふっくらした焼きたてのおいしいパン。
50円の方は直径5センチのまずいパン。
もちろん、主観はあります。
でも「まずいパンであるほど価値があって、私はとてもうれしい」という個性的な人は、この先を読む必要はないですよ。

一般的にこの条件なら、100円のパンの方が「お買い得」です。
つまり「安い」買い物なわけですね。
当たり前のことしか言わなくてすみません。

では原画1カットの単価が4000円だった場合、単価は高いのでしょうか安いのでしょうか。
答えは簡単。
「わからない」です。

「それじゃあ、単価の話は意味がないのか?」というお話になりますが、そんなことはありません。
単価はもちろん大事です。
ただし「どういう条件で、どういった内容なのか」によります。

総合的に、最終的な月収や年収が高いのであれば、その単価は高いといえますし、その逆なら安いといえます。
極端に言えば、時給換算で高ければその単価は高いということです。

なんだ、そんな答えか……と感じた人も多いでしょう。
それもそのはず、これが”当たり前の答え”だからです。

年収を左右する要因は単価だけではないということです。

仮に原画1カットの単価が1000円でも、月産300カットで月収300000円です。
同じく原画1カットの単価が1000円でも、基本給200000円プラス出来高であれば月産100カットで月収300000円です。

「そんなにたくさんカットは処理できないよ」という考えの方もいるかとは思いますが、実際に月産300カットをこなす人は実在します。
特に1970年代などは一人で一話数を処理するアニメーターもいました。

「それは昔の話でしょ」という、声が聞こえてきそうです。
そうです。
昔の話です。
では、どうして昔は出来て今は出来ないのか。

それは作業内容の問題です。

1970年代のアニメーションと現代のアニメーションを比べてください。
明らかに作画コストが増大しています。
それに比べ、単価の上昇はそれとは比べ物にならないくらい低く、結果として、作業に対する単価の価値が下がっているということです。

つまり、単価は作業内容によって安くも見えるし、高くも見えるということです。

また、それ以外の要素もあります。
作品の制作状況が悪いと二通りの収入の形が発生します。

ひとつは、制作スケジュールがなさすぎて「やっつけ作業(必要最小限の仕事しかしないこと)で、とりあえず完成させる」場合。
この場合は実はとても儲かります。
ある単価の原画のカットを1日に10カットも20カットも処理できるからです。
もちろん、手抜きであったり、雑であったりしますが、O.Aに間に合わず、莫大な賠償金を支払うよりはましなので、制作会社が雑な原画の納品を了解するわけです。

もうひとつは、制作スケジュールがなさすぎて「ボトルネック(演出処理や作画監督修正作業)で作業が滞り、原画スタッフへレイアウト戻し(チェックバック)がこない。その上、作業を待たされた挙句に引き上げ(不当な契約解除)になり、その結果、原画スタッフはスケジュールの空白が出来る」場合。
この場合は生産能率が著しく低下するので儲かりません。
不当な契約解除の保障も一般的にはありません。

また、金銭的な問題以外にも単価に換算されるものがあります。
たとえばパチンコ作品は単価がいいですが、TV等でのO.Aがありません。
アダルト作品は単価がいいですが、精神的な苦痛を感じるスタッフも多いでしょう。

他にも、スタッフ同士の人間関係が良くなかったり、教育体制が整っていなかったり、スキルアップの機会を与えてもらえなかったりと、いろいろな要素があります。

単価は分かりやすいバロメーターなのでHOTに語りやすい材料であることは良く分かります。
しかし、「どういう条件で、どういった内容なのか」を無視して単価を語ることはお勧めできません。

もっというならば「単価が少しでも高ければよいという考え」がアニメ業界の環境を悪化させているといってもいいでしょう。

制作会社がアニメーターを使うときにとても便利なのは「使い捨て」です。
「コストのかかる育成はしたくない」
「そのアニメーターに適した仕事を用意するのは面倒」
「仕事が減ったら、首を切りたい」
他にもいろいろありますが、だから「ちょっと単価を高くして使い捨てにしたい」と考えています。(もちろん全ての制作会社がこうだとは言いません)

制作会社としてはメリットばかりです。
原画スタッフは単価が少しでも高いとうれしいです。
月収や年収が少なくなっても、ちゃんと自分をマネージメントしないので気づきません。

COOLに結論。
単価は時給ではありません。
そして、仕事は単価だけで評価できるものでもありません。
総合的に判断することが重要です。

「アニメーターの作業単価って安いの?」という考え自体がナンセンスっていうことなんですね。

当たり前過ぎてガッカリしましたか。
しかし、ちょっとCOOLにビジネスの視点で考えてみましょう。
答えは簡単です。
posted by 商アニの切込隊長 at 03:11| 日記